バーナム効果は飽きたぜよ。

ソウルフードふみやんのブログ

2/26バンドマン限定ギグ(ふみやんの見解)

「バンドマン限定ギグ」開催発表がされました。

 

この字面物凄い違和感を感じられると思うのですが、そうです。

その字面通り一般のお客さん入場不可です。

何故こんなことをやろうと思ったのかと、

0から100まで綺麗綺麗に説明出来るほど考えて打ち出したイベントではありません。

 

あるライブの打ち上げ中にメンバー他多数と話していた時に出て来た案でした(猛酒)

やぱね、根本に在るのは「おもろいことしたい」って衝動。男の子だもん。

そして僕がソウルフードというバンドをやっている中で、

大事大事にしていたいのが「ソウルフードだから出来ること」です。

ソウルフードに〝しか〟出来ないことってのはきっと無い。僕はそう思ってます。

 

ご存知かしら、

僕には嫁と子供が居て、決して消えることのない不義理を同化させたまま、

LIVE SQUARE 2nd LINEって大阪福島のライブハウスで働いています。

藤村には嫁さんが居て、守り抜きたい自店のスタッフが居て、

KINGSXとKINGSX BASEって兵庫神戸のライブハウスで働いています。

安井には愛しては時に叱ってくれる先輩が居て、心底愛せる後輩が居て、

Fireloopって大阪天王寺のライブハウスで働いています。

田中には誰にも譲るわけにはいかないギャグが1兆個あって、

Zeelaって大阪梅田のライブハウスで働いています。

 

そうなの。ソウルフードってバンドは、

ライブの日はもちろんライブハウスに居るんやけど、

ライブじゃ無い日もずっとずっとライブハウスに居るんです。

軽く見積もっても、1年間の内で350日はライブハウスに居ます。まじまじ。

 

僕はもう音楽のことってより、ライブハウスのことしか考えられなくなって来ました。

10代でバンドと出会って、20代でバンドに夢中になり、もう30代です。

先輩に叱られっぱなしだった僕にも、

慕ってくれる後輩や夢を語れる同世代が沢山そりゃもう沢山出来ました。

誰かのおかげでここまで。みたいな美学を語りたいわけではなく、

自分で選んだもの選ばなかったものの末路で

広げた手の中に宝物がこれだけ在るって話です。

もちろん感謝を忘れず、守り抜く。

 

自分が歳をとったからか

「バンドで売れたい、バンドで飯が食いたい」

そんな想いを馳せまくっている自分より年下の子達と

朝までお酒を飲む機会が増えて来ました。

 

夢に想いを馳せる人の目はキラキラしてて、

逸らすには勿体無いそんな日々の中を過ごせています。

7:38:55の中で、どれだけ僕は目の前の人に物事を伝えることが出来るか。

100以上を生み出さなければ何にもならない、

向き合うことが出来なければもう僕と一緒にいることは

その人にとって必要ではなくなる。

強迫観念などではなく、本当にそう想って人に接することを心がけている。

それと同時に言葉だけじゃ伝わりきらない時があるのも分かってる。

 

最近、衝撃的な言葉を喰らってしまった。

「メジャーデビューかぁー・・・

でも、もうメジャーもインディーも関係ないっすもんね」だ。

10代のその子に聞くと、初めてバンドを組んで活動して半年みたい。

演者さん、前例コピペして自分から個性潰しに行ってる場合じゃないぞ。

なんてことを言わせてしまっているんだ。

業界人さん、最近いいバンド居ないっすか?じゃねぇよ。

なんてことを言わせてしまっているんだ。

夢はどこにいったんだ?情熱はどこに置いて来た?

時代にフィットする夢はない、夢にはサブカルチャーなどない、

時代を選ばずに泳ぎ続けて来た言葉が夢だ。

 

ライブハウスのこと全員好きになってくれとは言わないけど、

ライブハウスのこと嫌いにならないで欲しい。

ライブハウスが大好きだからこそ。

ライブハウスに希望を持って、光を求めて足を運ぶみんなが心底大好きなんだ。

 

そのライブハウスに対して、僕はアプローチを掛けれる術が2つある。

それがバンドマンとしての前田典昭と、2nd LINEとしての前田典昭だ。

 

人生の中で、これからまだ何十年と続いて行くライブハウス業界に対して

注ぎたい情熱が山ほどある。

僕たちが何度も胸を躍らせ、現実と向き合ったライブハウスを盛り上げ続けていたい。

ライブハウスの虜になってしまった人間として挑戦し続けていたいのだ。

 

バンドマン、特に若手と言われるバンドマン、

ソウルフードってバンドを観に来てくれ。

チケット代は0円にしといたから、お財布事情・肩書きなんて通用しない。

言わずもがな、

ライブを観に行く時間なんて端から用意されていないから

自分で創ってくれその時間を。

僕がソウルフードの前田典昭として、生き様でステージからブン殴ってやる。

自制心を粉々にした後、抱きしめてやる。

君に背中で魅せたあの時から、

何周も回って君の最下層ちょい下くらいまで辿り着けている。

どれだけ下手こいたって、どうってことない。

もう無理だって言ったって、まだ選択肢は在る。

最低ラインはいつだって僕が守り続けてやる。

バンドは君の意志さえあれば、続けられる。

 

覚えてるか?久しぶりに会ったあの時のこと。あの時もライブハウスだった。

僕たちは約束なんてしてないのに、いつだってライブハウスが待ち合わせ場所だった。

誰かの解散、脱退ライブではない、ソウルフードというバンドの決意表明の日

また「同窓会みたいやな」って言葉交わしながらテキーラ飲もう。

酒飲めへんだら、炭酸水な。氷なしのやつ。

 

「バンドマンって何ですか?」「何を以ってバンドマンなんですか?」

と聞かれたことがありました。

バンドマンと呼ばれている君だったらなんて応えるよ?

僕がどんな風に応えたかは、2月26日(月)梅田Zeelaに来てくれたらきちんと伝える。

 

発言力がない無所属無名の僕らが出来ること、

それは発信すること、発信し続けること。

 

前田家の大黒柱 / LIVE SQUARE 2nd LINE / ソウルフード 前田典昭

 

 

新宿Marbleでワンマンをすること

何年振りじゃろかいな。

こうして思いの丈を超絶苦手なSNSに吐露することは。

でも、このタイミングだからこそ

流れてくタイムラインの中なんとなくでも構わない、

自らの意思でクリックして読んでもらえる人に

伝えたい想いがきちんとあったので、

書くことにしました。

これも観ているみんなよりも、

きっとメンバーの方が度肝を抜かれていると思います。

こうして僕がブログを書く選択をしたこと。

 

まずは、そう。

ソウルフードの新作、

2nd Mini Album「沈黙は金、雄弁は銀」

リリースが発表されましたね。

ええこと、ええこと。ヨカタヨカタ。

レコ発初日は、8月4日(金)新宿Marbleにしました。

ソウルフードとしては、初の東京ワンマンです。

っぽく書いているけど、

僕がバンド史上で初ワンマンをしたのは

2016年9月12日(月)

大阪はLIVE SQUARE 2nd LINE、

前作である2nd Single『あげくの果て』のレコ発初日でした。

なので、ワンマンはまだ2回目でござんす。

つあものはまだまだ遠い。

 

レコ発初日は、8月4日(金)新宿Marbleにしました。

と書きましたが、

日程と会場は完全に僕の一存でした。

ワガママを受け入れてくれたメンバー、

そして新宿Marble店長鈴木さんが居てくれたからこそ実現出来ました。

僕にとって、8月4日という日が一線を画したのは、

〝2012年8月4日〟

Rhythmic Toy World 「GPS」ツアーファイナルに出演したことです。

場所は、新宿Marbleでした。

 

その当時、僕は放ツ願いというバンドをしていました。

そのライブがあった約一週間後、

僕はたくさんの約束を残したまま、

他との連絡を完全に絶ち、失踪しました。

このことに関して、

僕は今までこんな触れ方をしたことも無かったし出来なかったです。

情けない話、怖かった。ずっとずっと。今でも全然怖いまんまです。

こうして顔を見て伝えられない場所でこうしたことに触れるのが。

「何故、失踪したのか」

その理由を記すこと出来ないし、

それと同時誰にも言えやしなかったので失踪しました。

ここではそれ以上のことは書けません。

本当にごめん。

 

約一年間、

ライブハウスから音楽から出来る限り遠い距離にいました。

そんな時期に藤村に「バンドをやろう」と言われたことがありました。

でも、全然やろうだなんて言えなかったです。

その経緯に関しては、

僕が今でも読み返す藤村のブログに書いてあるので、

興味があれば読んでいただければと思います。

藤村は先輩後輩関わらず、

たくさんの仲間たちに愛されている人でした。

その藤村がやって来たこと、それを投じた居場所を僕は投げ出した人間だ、

いまこのタイミングで藤村とまたバンドをやれば、

「飛んだ奴とバンドをまたやってる奴」

になってしまうんじゃないかって考えてました。

僕が勝手にね。

だから、イエスの応えは僕の選択肢には無かったんです。

 

藤村とまたバンドをやりたいと思ってたのか?

その当時の気持ちなんてあんまり覚えていません。

でも、自分の中でやりたいことがあった。

半ばやらなければいけないようなことにも感じてた。

アコースティックギターを持って、

行ける限り全力でライブをしに行った。

どんな顔でライブハウスに行けば良いかなんて

考えても考えても分からないままだった、

でも躊躇してる場合なんかじゃなかった。

今までの分を取り戻さなきゃと、

時間も労力もフルスロットルで

いろんなところに行って、いろんな人と話した。

叱ってもらった。泣いてくれる人も居た。

ここには絶対書けないような出来事も、

たくさんたくさんあった。

取り戻すなんてそんな都合の良い話がトントンと進むことは無かった。

もちろん今でも昔世話になったのに、会えていない人も居る。

ずっとずっと後ろめたいです、当然です。自業自得です。

 

もっともっと掘り下げなければならない

そんな事柄が、乱立してますが、

生き続ける中できちんと話すから、伝えるから、いまはごめんしてください。

 

藤村に「バンドやろか」と僕から言いました。

バンド名は決めてました。

それが「ソウルフード

 

放ツ願いをやっていた頃から、

ずっとずっと誰かの特別で居たかったし、

誰にも負けたくは無かった。

ステージに立つことでしか、誰にも見向きされないような自分だって分かってたから。

いつしかそんな風に造られたモノになってた。

それこそ歌しか無い、そんな感じでした。

みんなが描いてくれているような気がして、

各々理想の放ツ願いふみやんを。

それを裏切ることなんて、出来やしなかった。

誰かの中に、自分の居場所が無きゃならない。

いま思えば、誰でも良かったんだと思う。

そのアホかくらい頑固でクソガキなふみやんを守るのに必死に、必死になってました。

 

気づけばその思いを引きずったまま、

弾き語りをやり続けていました。

でも途中で違和感が出て来て、

このままじゃまた同じことの繰り返しになってしまうんじゃないかと。また恐くなった。

そう思った時に、語弊を恐れずにいうと

もうライブに来て欲しいだなんて思わなくていい

もう誰にも負けないなんて思わなくていい

もう誰かの理想でいようだなんて思わなくていい

放ツ願いのふみやんで在ろうとしなくていい

そう自分に言い聞かせました。

その時に、僕はもう音楽のソウルフードで良いんだと自分の中で腑に落としました。

 「久しぶりにソウルフード観たけど、やっぱカッケーよな」

 それで良いと。それが出来るバンドをやろうと。

 

〝2014年8月4日〟

ソウルフード初ライブ。

場所は、大阪 LIVE SQUARE 2nd LINEでした。

 

もう全然ピンと来ていると思いますが、

2012年8月4日が結果放ツ願い最後のライブとなり、

2014年8月4日にソウルフードの初ライブをしました。

もちろん、たまたまでは無くその日程を狙ってライブを打ちました。

 

〝2017年8月4日〟

ソウルフード初の東京ワンマンを新宿Marbleでやります。

放ツ願いのふみやんは、実のところまだまだ僕の中に根強く残っていて、

切っても切れないです。忘れられないです。

変な表現の仕方になっちゃいますが、このワンマンライブで

放ツ願いのふみやんをフルボッコにしに行こうと決めています。いまの僕自身が。

もう本当自己満、勝手にどうぞレベルかも知れませんが、ええやん。

それをきちんと放ツ願いのふみやんを知っている上で、

ソウルフードのふみやんを観てくれている人たちに伝えたかったんです。

もちろん放ツ願いのふみやんしか知らない人にも。

もちろんソウルフードのふみやんしか知らない人にも。

何も知らないあなたにも。

どう伝えるか、この方法しか思いつかなかったです。安易。

 

ソウルフードのレコ発ワンマンライブなのですが、

放ツ願いの曲もやります。

1曲、2曲とは言わずもう少し多くやりたいです。

メンバーに相談してみます。

きちんと、放ツの曲をやりたい旨は伝えてます。

 

僕の中ではもちろん、

放ツ願いより、いまのソウルフードの方がカッコいいです。

放ツ願いのふみやんより、

ソウルフードのふみやんの方がカッコいいともう分かってるんです。

前田典昭が年取りました、たくさん経験しました。

結婚しました。子供も生まれました。

いまが一番充実していて、毎日が本当に楽しいです。

 

だからこそ、8月4日に新宿Marbleでやりたいことがたくさんあるんです。

観に来て欲しい。

最高の贈り物、「沈黙は金、雄弁は銀」という最高傑作を持って行きます。

もうライブハウスなんか随分と行ってない人も、

ふみやんが許せない人も、ふみやんが大好きな人も、何も知らない人も。

 

ステージの上で、藤村と安井と田中に支えられている僕は格別です。

フロアにみんなが居て、拳と笑顔に照らされてる僕は無敵です。

 

痒いところに届く音を鳴らせます。

いまあなたが観るべきバンドは間違いなくソウルフードだ。

 

あとは、おとなしくライブハウスで待ってる。

 

アバーヨ。